ウィッグの特徴

昨今、医療用ウィッグを扱う専門店が増えてきましたが、一昔前までは、従来のおしゃれウィッグと医療用には、そう大きな差はありませんでした。ですが、乳がん患者をはじめ、子宮頸がん等の女性特有のがん患者の増加、需要にともない、抗がん剤等の副作用で苦しむがん患者をサポートするための医療用を扱うショップ、専門店が急増しており、がんで苦しむ患者の精神的ストレスを緩和させ、支えていることをご存知でしょうか。

ウィッグ抗がん剤の副作用には、脱毛をはじめ、嘔吐、吐き気、頭痛、口内炎、白血球減少等、様々な症状がありますが、女性にとっての最大のストレスと言えば、脱毛になります。脱毛については、長い時間をかけて、いつも以上に丁寧な口調で説明していると言う医師も少なくありません。それくらいデリケートな問題であり、がんで苦しむ患者の負担となるであろう症状の一つであると言っても過言ではありません。

現在、医療用ウィッグは、インターネットを使えば、手軽に購入することができます。ちなみに、医療用は、セミオーダー、オーダーメイドのみの商品ではありません。ウィッグ専門店には、通常のおしゃれウィッグとして、ショートカット、ボブ、ミディアム、ロングストレート等、様々な髪型の商品がそろっておりますが、医療用に関しても、そのおしゃれウィッグと大差ないほどの豊富な商品がそろっております。カタログ等を見て選ぶ楽しみも、がんを忘れられる時間となっているのではないでしょうか。