オーダーメイドとは

がんに苦しむがん患者の悩みと言えば、抗がん剤等の治療による副作用の症状の一つである脱毛になります。外見、見た目に大きな変化をもたらす脱毛は、がん患者の悩みの中でも、もっとも大きな割合を占めておりますが、高額なこと、脱毛による精神的ショックを考えるあまり、セカンドオピニオン、サードオピニオンを検討する患者も少なくありません。

オーダーメイドそのがん患者の精神的負担を軽減できる唯一無二の脱毛対策が、医療用ウィッグになります。医療用ウィッグ専門店が販売している商品と、オーダーメイドによるウィッグの2タイプがあります。販売されているウィッグの中に、自身の頭にフィットする、希望の髪型や色、素材等、すべてに満足できるものがあれば良いのですが、希望のものがない場合には、オーダーメイドによるウィッグを注文されてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、オーダーメイドは、医療用ウィッグを扱っている専門店であれば、ほとんどのショップが対応しておりますが、頭のサイズ等を計測し、希望の髪形、色、素材を決めるために、専門店、ショップ等に足を運ばなければなりません。その際、忘れずに、着用に関する注意点、保管方法、アフターケア等に関しても、確かめておくことをおすすめします

選ぶポイント

ポイント医療用ウィッグを選ぶポイントは、大きく分けて2つあります。まず、一つめは、サイズ調整ができることになります。頭の大きさ、形は、一人一人違っております。また、抗がん剤治療を開始した時と、治療を終えた後の発毛し始めた時期では、頭のサイズは当然変わってきます。サイズ調整ができれば、そのまま着用でき、ストレスなく利用できますが、サイズ調整ができなければ、更に、新しいウィッグを購入しなければなりません。

続いて、二つ目のポイントは、通気性の良いものを選ぶことになります。髪が抜けてしまうと、頭皮は髪というクッションがなくなった状態であり、些細な刺激で傷がつく等、非常にデリケートな状態であると言っても過言ではありません。汗を掻く、蒸れた状態が続くと、頭皮は敏感になり、痒みや発疹等のダメージが発生しやすくなり、せっかくのウィッグも着用できなくなるかもしれません。頭皮に直接触れる人工頭皮は、通気性の良いメッシュ素材を選びましょう。ちなみに、素材には、シルクで作られたもの、ウレタン樹脂のものがあります。どちらも通気性が良く、負担の少ない軽量タイプ、装着しやすい等の特徴を持ちますが、ウレタン樹脂のものに関しては、ウィッグの形が崩れにくく、手入れがしやすいというメリットがあります。

市販ウィッグとの違い

医療用ウィッグ一般的に売られているおしゃれウィッグと医療用ウィッグには、見た目にはそう大きな違いはありません。ですので、見た目だけで選んでも、まったく問題はありません。ですが、がん患者たちが医療用ウィッグを選び、わざわざ専門店にまで足を運び購入するには、それ相応の意味があります。おしゃれウィッグは、比較的安価な価格で販売されており、様々な髪型、カラー、素材を選ぶことができるというメリットがありますが、大量生産が可能であり、かなり安価な価格で販売できる人工毛を使用したものが多く、人工頭皮等の頭皮をケアするアイテム等は付属されておりません。また、サイズ調整ができない、通気性が悪い等のデメリットがあり、機能性、柔軟性が高いとは言えません。ちなみに、人工頭皮とは、分かりやすく言えば、頭に沿うように、頭皮を傷付けない柔らかい素材を用いて人工的に作られた頭皮になります。

人工頭皮が付いている医療用ウィッグは、頭に優しくフィットする、また、頭頂部に違和感がなく、本物のつむじのような透け感がある等のメリットがあります。がんの副作用で苦しむがん患者にとっては、入院時、通院時、他人の視線を気にせず装着できる点は、ストレスをためずに生活できる最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

ウィッグの特徴

昨今、医療用ウィッグを扱う専門店が増えてきましたが、一昔前までは、従来のおしゃれウィッグと医療用には、そう大きな差はありませんでした。ですが、乳がん患者をはじめ、子宮頸がん等の女性特有のがん患者の増加、需要にともない、抗がん剤等の副作用で苦しむがん患者をサポートするための医療用を扱うショップ、専門店が急増しており、がんで苦しむ患者の精神的ストレスを緩和させ、支えていることをご存知でしょうか。

ウィッグ抗がん剤の副作用には、脱毛をはじめ、嘔吐、吐き気、頭痛、口内炎、白血球減少等、様々な症状がありますが、女性にとっての最大のストレスと言えば、脱毛になります。脱毛については、長い時間をかけて、いつも以上に丁寧な口調で説明していると言う医師も少なくありません。それくらいデリケートな問題であり、がんで苦しむ患者の負担となるであろう症状の一つであると言っても過言ではありません。

現在、医療用ウィッグは、インターネットを使えば、手軽に購入することができます。ちなみに、医療用は、セミオーダー、オーダーメイドのみの商品ではありません。ウィッグ専門店には、通常のおしゃれウィッグとして、ショートカット、ボブ、ミディアム、ロングストレート等、様々な髪型の商品がそろっておりますが、医療用に関しても、そのおしゃれウィッグと大差ないほどの豊富な商品がそろっております。カタログ等を見て選ぶ楽しみも、がんを忘れられる時間となっているのではないでしょうか。